ブログ

専門家が斬る!真剣賃貸しゃべり場
【第十二回】一級建築士 遠田 将徳が斬る!④

すべての大家さんに必ず実行してほしい、塀の点検・補修④

こんにちは。一級建築士の遠田(エンダ)です。
今回のコラムでは、『すべての大家さんに必ず実行してほしい、塀の点検・補修』をテーマに、情報提供を致します。

『塀の種類・基準、点検方法、補強方法』とご紹介して参りました
最後は、『塀の補修、解体、設置の為の助成金』についてご紹介致します。

各自治体では、ブロック塀の改善に活用できる助成制度を設けている場合がございます。

項目ごとに助成金を設定している自治体をご紹介したいと思います

1.ブロック塀の補修

【東京都台東区】
・高さ1.2mを超えるブロック塀等で、安全性に支障があるものを改善する工事

・助成対象工事費の1/2(上限あり)

【東京都渋谷区】
・門または塀、土間またはたたき等の改修および模様替えを行う外回り工事

・消費税を除く工事費用の1/5(上限あり)

【静岡県浜松市】
・倒壊又は転倒する恐れのある危険ブロック塀等を安全な塀に改善する補強工事

・危険ブロック塀等の補強に要する費用の1/2(上限あり)

2.ブロック塀解体

【東京都新宿区】
・傾いていたり、老朽化して亀裂が入っているなど、傷みのある塀の解体

・万年塀 5,000円/m、ブロック塀、大谷石塀など10,000円/m(上限あり)

【神奈川県横浜市】
・まちの避難経路沿いの倒壊の恐れのある危険なブロック塀等の解
・撤去費用の9/10(上限あり)

【千葉県市川市】
・危険コンクリートブロック塀等の解体
・危険コンクリートブロック塀等 10,000円/m(上限あり)

3.フェンス、生垣の設置

【東京都大田区】
・接道部または隣地境界に生垣を設置
・既存のブロック塀等を撤去、生垣を設置 15,000円/m
・新たに生垣を設置 10,000円/m

【東京都豊島区】
・道路に面しているフェンス等の新設
・新設費用の1/2(上限あり)

【神奈川県厚木市】
・個人が所有する危険なブロック塀等の撤去とともに
安全な工作物等を設置する工事
・撤去、新設費用の75/100(上限あり)

 

皆さん所有のアパート・マンションのある自治体はございましたでしょうか。
ご紹介致しました自治体はほんの一部となります。

助成金の有無については自治体へぜひお問合せください。

地震等におけるブロック塀等の倒壊や転倒による災害を未然に防止するため、積極的に助成金を活用しましょう。
※助成金の取得にはまずは事前相談をお願い致します。
詳細な条件、及び審査等がございます。

拙い説明ではございましたが、お読み頂きましてありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

ABOUT ME
遠田将徳
遠田将徳
株式会社ウィル建築設計 顧問/武蔵工業大学工学部建築学科卒業。一級建築士、色彩検定二級。 ハウスメーカーにて、モデルハウスの企画設計・デザインコードの作成、戸建分譲のランドスケープデザインを経て、賃貸住宅の設計を経験。戸建住宅・賃貸住宅の新築、リフォームの見積り、外構工事と幅広く手掛け、許認可業務、実施設計、デザイン、コーディネートまで、建築に関わる様々な目線からの適切なアドバイスを得意とする。
さらに詳しく知りたい方へ