Kneesの実績・事例

ケース1

築古物件のため、減価償却などの経費がなく、税金が高い。

状況:所有物件1棟・築30年

築年数がたっており、減価償却や借入金利息が少なくなってきており、年々所得税住民税の負担が大きくなってきている。個人的な借入金もあり資金繰りが厳しくなっていた。

対応:

法人を設立し、法人に融資を受けて、建物のみ個人から法人へ売却。個人は売却金額をもってすべて返済できた。また、法人を設立したことにより、家族を役員として、役員給与で所得分散させることができ税金の負担も少なくなった。

改善前 改善後
収入 1500万円 1500万円
借入返済 500万円 500万円
支出(経費) 300万円 320万円
支出(税金) 200万円 80万円
手残り 500万円 600万円

ケース2

法人を設立していたが、融資が出ず、上手く活用できていない。

状況:所有物件5棟・築20年

法人を設立し、管理法人としてサブリースをしていたが、空室が多く節税効果がでていなかった。法人に融資がでなかったため、借り換えもできず、個人で高い税金を払い続けていた。

対応:

個人の建物を法人に現物出資をして、建物の名義を法人名義に。法人の赤字がたまっていたため、法人に所得がでても税金がほとんどかからなくてよくなった。

改善前 改善後
収入 8000万円 8000万円
借入返済 4500万円 4500万円
支出(経費) 2500万円 2600万円
支出(税金) 700万円 100万円
手残り 300万円 800万円