ブログ

渡邊浩滋の賃貸言いたい放題
第四十一回「税務相談 メルマガやっています。」

今年始めてのコラムになります。
本年もよろしくお願い致します。

今年早速、始めたこと。

税務相談メルマガを配信しております。

今までも同様のメルマガをやっていたのですが、顧問先様限定で配信しておりました。
これを無料で公開しております。

メインは、『税務相談』
みなさまから税金についての質問を頂き、質問と回答をあわせて
メルマガで配信するというものです。

文章で頂いた質問の回答を文章で返すのは、ご質問の意図を推測しながら回答を
考えるので、かなり骨の折れる作業です。

しかし、このメルマガを始めて6年以上経っているので、慣れてきました。
だいぶ回答のストックも溜まってきましたので、無料で募集してもいいかなと
決心しました。

最近の質問と回答は、こんな感じです。

(Q)不動産購入後の修繕費を一括で経費にできるか

ある不動産会社から、安い戸建てを購入して、リフォーム費用を
数百万円かけた場合、そのリフォーム費用を一括で償却できる方法
あると聞きました。どのような方法でしょうか?

(A)修繕費であれば、その年に全額経費にすることは可能です。

しかし、内容が修繕費であったとしても、事業の用に供するために
支出したものは資産計上することになります。

リフォーム後に募集して入居付けをするのであれば、事業の用に供するために
リフォームしたことは明らかなので、修繕費として経費にすることはできません。

資本的支出として、資産計上します。
耐用年数に応じた減価償却することになりますが、リフォーム費用によっては、
中古の耐用年数が使えない場合がありますので、ご注意ください。

≪資本的支出が再取得価額×50%を超える場合≫
再取得価額とは、中古資産と同じものを新品で購入した時の価額です。
この再取得価額の50%を超える資本的支出をした場合には、もはや中古資産ではないと考えられます。よって、中古の耐用年数を使用することはできず、新品の法定耐用年数を使用することになります。

≪資本的支出が取得価額×50%を超える場合≫
資本的支出が再取得価額×50%を超以下でも、取得価額×50%を超える場合には、下記の算式によって耐用年数を計算することとされています。

(中古資産の取得価額+資本的支出額)÷(中古資産の取得価額/
簡便法で
計算した耐用年数+資本的支出額/中古資産の耐用年数)

などなど、大家さんの税金の質問に丁寧に答えていっています。

他にも、不動産鑑定士、一級建築士、ファイナンシャルプランナー、不動産コンサルタントなどによる特集記事、セミナー・個別相談会の情報を配信しています。

無料ですので、是非ご登録ください。
税務の質問もお待ちしております。

↓登録はこちら↓
https://www.itm-asp.com/form/?2943

まとめ

・今年から無料メルマガ始めました。
・毎週、税務のご質問について、メルマガで回答しています。
・今年もKnees beeをよろしくお願い致します。


《渡邊出演セミナーのお知らせ》

プレミアム個別相談会
「資産の大相談会」

資産ポートフォリオや相続対策の見直し、不動産の購入や売却、組み換えなど、
それらのお悩みに対する最適な答えと信頼のパートナーが見つかる資産家の方のための個別相談会です。ここでしか聴けない
セミナーも開催。

限定50組ですので、
お早めにご予約ください!

渡邊浩滋は14:10~15:00
第二部講演にて
『売却か?建て替えか?判断のポイントと実行のタイミング』
をお話しさせて、いただきます。

◆東京都 新宿区

【日時】
2月8日(土)9:50~16:00 受付9:40~
【会場】
 新宿NSビル30階 スカイカンファレンスホール
東京都新宿西新宿2-4-1
◎JR線・京王線・小田急線・丸ノ内線「新宿駅」南口・西口より徒歩7分
◎都営大江戸線「都庁前駅」A3出口より徒歩3分
※新宿駅から直通のワンデーストリート(地下道)で、
当日雨の場合でも濡れずに会場のNSビルまでお越しいただけます。

【参加費】
無料

【お申込み・お問い合わせ】
下記URLからお申込みください。
https://owners-style.net/seminar/detail/19837/?top=panel

 

ABOUT ME
渡邊浩滋
渡邊浩滋
大家さん専門税理士事務所、渡邊浩滋総合事務所代表。当サイトを運営する大家さん専門税理士ネットワーク「Knees(ニーズ)」代表。 自らも両親から引き継いだアパートを経営する大家であり、「全国の困っている大家さんを助けたい」という夢を叶えるべく日々奔走している。 全国でのセミナー出演、コラム執筆等多数。
さらに詳しく知りたい方へ