ブログ

専門家が斬る!真剣賃貸しゃべり場
【第五回】ファイナンシャル・プランナー
駒﨑 竜が斬る!①

大家さん生活設計と資金計画①

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーです。
本日から数回にわたり、「大家さん生活設計と資金計画」について情報提供を致します。

1.生活設計

将来生活設計(ライフプラン)を立てるときには、ライフサイクル表を活用することで
家計収支変化をつかむことができます。

例えば、お子さま教育資金、住宅資金、老後生活資金は、人生3大資金ともいわれ、
多額資金が必要となります。

ライフサイクル表は、それぞれ家庭によって千差万別です。
将来どような資金がいつ必要か、いくら資金をいつから準備をすれば良いかを把握
することで、計画的に無理なく準備を始めることができます。

しかし、賃貸経営には収支変動リスクが伴いますで、事業収支変化をつかむことも重要です。

家賃滞納、空室、原状回復費、返済額上昇、室内設備交換、家賃相場下落、税金増加、大規模修繕工事が発生する時期を初めから予測し、資金繰りが悪化しないように備えておくことが大切です。

また、商品が建物である賃貸経営では、建物損害対策も同時に考えることが重要です。
自然災害や大震災は、ハザードマップを活用して予測を立てることができますし、建物や門・塀外部から自動車等追突は、自動車交通量や道路付けによって、ある程度
予測をすることができます。

これら資金繰り対策や損害対策は、発生頻度や金額、発生時期が異なりますで、物件
ごとに計画を立てることが適切です。
つまり、賃貸経営はライフサイクルから考えることが肝になるはないでしょうか。

将来生活設計(ライフプラン)を立てるには、賃貸経営が長期安定経営でることが大前提になりますで、賃貸経営計画がしっかりとできているか、今一度ご確認いただければと思います。

ABOUT ME
駒﨑竜
駒﨑竜
エターナルファイナンシャルグループ株式会社。代表取締役 ファイナンシャルプランナー。 中古車販売会社の取締役時代に資金調達・会計・税務など年商50億円の会社経営に携わった後、大手アパート専業デベロッパーにて土地活用の経験を積み2007年に起業。FP個別相談数は1,500世帯。損保・ローン19年、生保15年、投資家経験13年、融資5年、証券・海外投資3年のキャリア。
さらに詳しく知りたい方へ