ブログ

渡邊浩滋の賃貸言いたい放題
第十二回「ゴーンの名言」

日産のカルロス・ゴーン会長が逮捕された。
巨額な役員報酬を少なく見せ掛けた疑いで、金融商品取引法違反にあたるとのこと。
会長解任も決まった。

カルロス・ゴーンと言えば、コストカッターという異名を持ち、大胆なリストラを行って、低迷していた日産をV字回復させた功績を持つ。

犯した罪は償わなければならない。
しかし、カルロス・ゴーンが行ってきた全てが否定されるわけではないと思う。

私は、本を読んで、心に留めておきたい名言を、スマホにメモしておくようにしている。
ふと読み返してみたら、カルロス・ゴーンの名言があった。

会社が成功するうえで計画が持つ重要性はたかだか5%だ。
残りの95%は実行にある。

素晴らしい計画を作っても、実行しなくては全く意味のないことだ。

私は今でも、(大家さんを含む)経営者として成功する条件は、「実行力があること」だと思っている。

〇リスクばかりを恐れて動けない人
〇批判を恐れて動けない人
〇責任を取りたくないから決断できない人
〇悪いところを見つけるばかりで結局やらない人

なんだかんだで、実行できる人って少ないのだと思う。

少ないからこそ、実行するだけで成功するのに、とも思う。
(無謀な実行という人も中にはいますが。。。)

 

今回カルロス・ゴーンがやったことは、許されないことかもしれない。
しかし、彼は「実行する」ことで、V字回復を成し遂げたのは紛れもない事実だ。

もしかしたら、そのやり方に強引さがあったり、(リストラによって)犠牲になった人もいるのかもしれない。
それが正解か不正解かもわからない。

今回の事件によって、そのやり方すら批難されることになるのかなと思うと、少し悲しくなる。
一つの欠点で、全体が否定される風潮があると感じる。

しかし、あえて言わせてもらえれば、
「実行してない人間が、実行している人間を果たして批難できるのか。」

実行してきた人間しか、その場の判断や考えはわかりえない。

結果だけを見て、批難する人間にはなりたくない。

批難を恐れて、実行できない人間にはなりたくない。

経営がんばろうっと。

まとめ

・成功する条件は、実行力!
・やっちゃえオレ。

 

引き続き書籍の方も応援よろしくお願いします!!

『税理士大家流 キャッシュが激増する無敵の経営』

ぱる出版より10月31日発売 定価1,620円


手残りがマイナスの状態の実家のアパート経営を立て直した私の結論は、
「手残りを増やすには、1 収入を上げる 2 支出を減らす 3 税金を抑える、3つの方法しかありません」
この本は、税理士大家として培ってきたこの3つの財務改善テクニックを余すことなく書きました。

いわば私の経験の集大成です。

これから大家になる人も、現役大家さんも是非ご覧ください!

goo.gl/HEdno9

ABOUT ME
渡邊浩滋
渡邊浩滋
大家さん専門税理士事務所、渡邊浩滋総合事務所代表。当サイトを運営する大家さん専門税理士ネットワーク「Knees(ニーズ)」代表。 自らも両親から引き継いだアパートを経営する大家であり、「全国の困っている大家さんを助けたい」という夢を叶えるべく日々奔走している。 全国でのセミナー出演、コラム執筆等多数。
さらに詳しく知りたい方へ