ブログ

渡邊浩滋の賃貸言いたい放題
第三十一回「必要なのはウルトラCではなく情報の整理」

7月30日と31日の賃貸住宅フェア2019に出展しました。
31日にはセミナーもやりました。
朝一だったので参加者が少ないかもと不安でしたが、当日は、立ち見が出るくらい。
来て頂いた方々、本当にありがとうございました!!

大阪の賃貸住宅フェアにも出展します。
9月5日6日で、インテックス大阪で開催されます。

9月5日には私のセミナーもあるので、是非いらっしゃってください。

 

それでは、本題です。

いままで大家さんの相談を数多く受けてきました。
悩みは様々で、今抱えている切実なものから、将来の不安など。
実際にすぐに解決策を提示できるものもあれば、時間が必要なものもあります。
いずれも共通して言えるのは、
「問題を解決するには、問題点が何かを知ること」
です。

非常にシンプルなのですが、これが意外にできていないことが多いのです。
問題を複雑にとらえてしまうと、問題点が何かを見失ってしまうことがあります。

「税金が高いし、相続も心配だし、老後も不安だし、社会保険料も抑えたいし・・・」
ある程度話をしてもらうと、悩みがループしてしまいます。

一つ一つ問題点をあぶり出して、潰していかないと解決はしません。

でも、そういう人に限って、ウルトラCを期待しがちです。
この悩みを一気に解決する方法があるのではないかと。

そして、そういう人に限って、怪しい話に乗ってしまいがちです。
(あとになって、「騙された!」ってなりがち)

問題点が何かがわからないと、解決しないのです!!

そのためには、「情報の整理」しかありません。

私の相談を受けるスタイルは、徹底して、話の情報に整理をつけること。

どこに問題点があるのかを探っているのです。

意外に簡単なところに解決策があることに気づいてもらえることが多いのです。

まとめ

・9/5、9/6 大阪の賃貸住宅フェアに出展します。

・問題を解決するには、問題点が何かを知ること。

・情報の整理をすると、問題点が何かがわかる!

ABOUT ME
渡邊浩滋
渡邊浩滋
大家さん専門税理士事務所、渡邊浩滋総合事務所代表。当サイトを運営する大家さん専門税理士ネットワーク「Knees(ニーズ)」代表。 自らも両親から引き継いだアパートを経営する大家であり、「全国の困っている大家さんを助けたい」という夢を叶えるべく日々奔走している。 全国でのセミナー出演、コラム執筆等多数。
さらに詳しく知りたい方へ