ブログ

森広忠の名古屋大家道 第四十六回
『地主さんのための賃貸経営術⑭―最も大切なもの“商品”1』

歯がかけました。

先週、カレーパンを食べていたら奥歯がかけました。
30年以上付き合った歯が、カレーパンに負けるとは…、

悲しいです。

そして、少し痛いです(涙)。

 

「地主さんのための賃貸経営術」前回までで
1) 意識改革
2) お金の大切さ
を書いてきましたが、今回からは
3) 最も大切なもの“商品”
についてかいていきたいと思います。

地主さんにとって、商品とは何でしょうか?
その人の人間力でしょうか?財力でしょうか?
それとも、地域に根差す人脈でしょうか?

これらも、大切なものですが、最も大切な商品は“土地”
そして、その上に立つ“賃貸物件など”になります。

地主さん以外の、サラリーマン大家さんは土地を基本的には持っていないです。
ですので、中古物件のアパート1棟を購入したり、
土地を購入して新築物件を建てたり、
区分所有マンションで建物と土地を購入し(マンションを購入すると建物とマンションの敷地の一部の土地を購入することになる)貸して賃料を得たりします。

しかし、地主さんはすでに自分か、自分の親族が所有する土地があります。

地主さん・大家さんにとって

“商品”=土地
“商品”=土地の上の賃貸物件など

と覚えていただきたいと思います。

前回まで「お金の大切さ」をお書きしましたが、お金より“商品”が大切です。
“商品”が良ければ、お金は(使いすぎなければ)貯まっていきます。
反対に“商品”が悪ければ、何かしら手を打たなければ絶対にお金は貯まりません。

お金を管理し、節税対策をするのも大事なことです。
しかし、“商品”が悪ければお金は貯まらないため、管理しても効果が少なく、
儲からないため、節税対策も不要です。

ですので、
地主さんにとって、ビジネスで最も大切なものは
“商品”(土地と賃貸物件)になります。

ただ、素晴らしい商品をあっても、法律を守る精神や倫理観にかけ、
素直さや誠実さがなければビジネスでの成功も水の泡と消える場合が多いです。

次回から、地主さんのための“商品”について書いていきたいとおもいます。

まとめ

・地主系大家さんにとって、ビジネスで最も大切なものは“商品”(土地と賃貸物件など)になる

・サラリーマン大家さん・投資家系大家さんは、はじめから土地をもっていない

・素晴らしい商品があっても、法律を守る精神や倫理観などがなければビジネスの成功は長続きしない

ABOUT ME
森広忠
森広忠
名古屋市出身、名古屋経済大学大学院卒業後、2008(平成20)年シンプルタックス森会計【森広忠税理士事務所】設立。税理士として、個人事業・中小企業の顧問を行う。実家が古くからある地主で、不動産賃貸業をアパート、貸倉庫、貸地、貸家、月極駐車場で営んだ経験あり。 顧問先に不動産賃貸業者が多く、不動産・不動産管理会社を利用した所得税・法人税・相続税の節税相談の経験が多くある。
さらに詳しく知りたい方へ