よくある質問> 賃貸経営 > 確定申告

Q海外取引をすると、税務署に情報が回ると聞きました。どのように情報が回るのでしょうか。

Q1棟のアパートを所有しており、部屋数は6戸です。事業的規模ではないため、青色申告にできないのですか。

Q年の途中で(売却などにより)事業的規模に満たなくなった場合、必ず廃業届と「所得税の青色申告の取りやめ届出書」を提出の上、白色申告に変更しなければならないのですか。

Qドラッグストアで風邪薬を購入した薬代は医療費控除の対象となりますか。

Q高額サービス費の支給を受けている場合、介護保険料の支払いが受けられなくなるのですか。

Q国民年金保険料を前納した場合、社会保険料控除の計算はどのようになりますか。

Q確定申告後、未計上の固定資産がある場合、全額を経費として計上することはできますか。

Q赤字で申告する場合、修繕費は一括で費用計上すべきですか。資産計上すべきですか。

Q電力会社の電柱設置による土地使用料を不動産所得の収入内訳書に記載をする場合、記載方法はどのようになりますか。

Q相続税申告にかかる税理士報酬、登記費用、測量費は経費になりますか。

Q準確定申告で不動産の譲渡の申告をした所得に対して、住民税はかかりますか。

Q相続で賃貸経営を引き継いだ場合、税務署に必要な手続きなどはありますか。

Q相続を受けた場合、相続税の申告以外に税務署に提出が必要なものは他にありますか。

Q税務調査があった場合、どのような点が問題となるのですか。

Q確定申告の期限に遅れた場合、どのようなペナルティがありますか。

Q期限内に確定申告を提出しない場合、青色申告は取り消しされますか。

Q法定相続分で相続したと仮定して相続税を申告後、遺産分割で揉めて5年が経過した場合、更正の請求はできますか。

Q更正の請求の提出時期はいつ頃がよいですか。

Q粉飾決算が発覚した場合、税務署の対応はどのようになりますか。

Q非居住者が適用を受けられる所得控除にはどのようなものがありますか。

Q海外に転勤(非居住者)となった場合、青色申告はできますか。

Q年末までにできる、確定申告に向けた対策としては何がありますか。

Q白色申告者の場合、どの程度の記帳をしないとならないのですか。

Q青色申告にしていると、損失を3年間繰り越しすることができるようですが、繰り越しではなく、給与と相殺あるいは給与から源泉されている税金の還付などを選択することはできるのですか。

Qすでに賃貸している場合の青色申告承認申請書の届出期限はいつまでに提出すればよいですか。

Q青色申告承認申請書の届け出内容を変更する場合、再度、青色申告承認申請書を提出する必要があるのですか。

Q青色申告承認申請書の記載方法はどのようになりますか。

Q貸地の事業的規模の算定基準はどのようになりますか。

Q電力会社からの電柱等の設置も含めて事業的規模になるのですか。また、この2件(本注と支線)を含めて事業的規模とすることは認められますか。

Q不動産所得の経費になるもの、ならないものはどのようなものがありますか。

Q滞納していた国民年金保険料を支払いました。これは支払った年の社会保険料控除として確定申告できますか。

Q賃貸マンションを自宅に転用する場合、帳簿上ではどのような処理がされますか。

Q長期入院のため確定申告の期限に間に合わない場合は、どうすればよいですか。

Q海外に転勤してしまう場合、確定申告どのようにすればよいですか。

Q海外不動産を所有しております。確定申告は日本の物件と海外の物件を合わせて申告すればよいですか。

Q確定申告をする際に領収書の添付などは必要なのですか。

Q支出した領収書がない場合、その支出は経費としては計上できないのですか。

Q2箇所から給与を受ける場合、確定申告は必要となりますか。

Q自宅を賃貸した場合の事業的規模の算定基準どのようになりますか。

Q年の途中で事業的規模になった場合、必要な手続きなどはありますか。

アバター
大家さんの知恵袋