よくある質問> 賃貸経営

Qプライベートな支出が含まれる交通費、通信費などはどれくらいの割合で経費計上できますか。

Q賃貸アパートの他に、駐車場や土地貸ししている土地があります。事業的規模の判定はどうすればよいですか。

Q個人で損害保険金を受け取った場合、仕訳処理はどのようになりますか。

Q海外保有不動産は、3か月に一度、経費が差し引かれた状態で管理会社から入金されます。仕訳は、3か月ごとの計上でよいですか。

Q区分マンションを所有しております。青色申告にした方がよいのですか。

Q不動産収入の「事業的規模」とは何ですか。

Q築20年のアパートをリフォームする場合、いくらくらいの費用をかけるべきですか。

Q消費税の増税に合わせて駐車場の賃料も増額した方がよいでしょうか。

Q海外取引をすると、税務署に情報が回ると聞きました。どのように情報が回るのでしょうか。

Qコインランドリーの機械の耐用年数は何年ですか?

Q減価償却が間違っていた場合の修正はどのくらいさかのぼればよい?

Qアパートに宅配ボックスを設置しようと思います。金額は28万円(税込)です。宅配ボックスの耐用年数は何年になるのでしょうか?

Q収入があると年金が減額されると聞きましたが、不動産収入でも減額されるのですか。

Q賃貸業の青色事業専従者給与はいくらくらい出せる?

Q融資の更新時に金利は上がるのか?

Q青色申告特別控除の届出について教えてください。

Q太陽光発電設備の消費税還付には、消費税の届け出が必要と聞きました。いつまでに提出すればよいでしょうか。

Q物件の設備購入を検討しています。代金支払い時、一括払いか分割払いで税金負担の違いはありますか。

Q賃貸物件を建築するための地盤改良費用は経費になりますか。

Q競売で物件を落札しましたが結局購入しませんでした。没収された保証金は経費になりますか。

Q固定資産税の小規模住宅用地の特例は200㎡を超えても適用できますか。

Q過去の申告で所得税の払いすぎが判明しました。個人事業税はどう処理すればよいですか。また経費処理はどうなりますか。

Q火災保険10年一括払いと年払いの判断基準について教えてください。

Qコンテナ・トランクルームによる節税はできなくなってしまったのでしょうか。

Q空き家を解体した場合に、市から助成金がもらえます。この助成金は税金がかかりますか。

Q空き家を解体して駐車場にした場合、解体費は経費にできますか。

Q賃貸経営で経費にすることができる税金はどのようなものがありますか。

Q別で生計を立てている親族が行っている不動産賃貸業から給与をもらうことはできますか?

Q売買契約書には、土地建物を区分した金額の記載がなく、合算での売買金額になっています。土地建物の区分方法、評価額はどの金額になりますか?

Q減価償却期間があと数年でなくなるのですが、何か良い対策方法はありますか?

Q1棟のアパートを所有しており、部屋数は6戸です。事業的規模ではないため、青色申告にできないのですか。

Q年の途中で(売却などにより)事業的規模に満たなくなった場合、必ず廃業届と「所得税の青色申告の取りやめ届出書」を提出の上、白色申告に変更しなければならないのですか。

Q生命保険の解約返戻金を受け取った場合、受け取った金額に対して税金はかかりますか。

Q新築建物を建築し、貸事務所として賃貸をする予定です。消費税還付はできますか。

Q自動販売機の売上の消費税の課税区分はどのようになりますか。消費税の課税事業者として簡易課税になっています。

Q外国大使館に事務所を賃貸した場合、消費税は免除になりますか。

Qリフォーム会社から紹介料を受け取る場合、個人と法人のどちらで領収書を出して収入を計上するべきですか。

Q不動産業者から受け取った紹介料は申告する必要がありますか。

Q更新契約前に受け取った更新料は、確定申告の収入に計上してよいのですか。

Q更新料のもらい方による税金の違いはありますか。

Q借地の更新料が多額に入る予定ですが、何か税金対策などはありますか。

Q借り主から地代を供託されている場合、地代の値上げをすることは可能ですか。

Q二世帯住宅の2階部分を親族に貸し出す場合、家賃はいくらに設定すればよいですか。

Q納税を分割払いにすることはできますか。

Qアパート7室、店舗2室、駐車場(青空駐車場)9台の場合、個人事業税は課税されるのですか。

Q確定拠出年金と小規模企業共済は併用できますか。

Q火災保険の建物保険金額は、高いほど得になりますか。

Q親族にタダで賃貸している場合、贈与税はかかりますか。

Q共有不動産にかかる固定資産税を共有者の1人が納付しない場合、他の共有者が納付する義務を負いますか。

Q戸建ての物件を民泊として利用しています。土地の固定資産税は住宅用地と比べて高くなってしまうのですか。

Q固定資産税の住宅軽減が使えなくなる空き家ですが、この認定は誰が行っているのですか。

Qアパートを壊して駐車場にした場合、固定資産税は6倍になってしまいますか。

Q自宅の隣地を更地から駐車場にした場合、固定資産税を軽減することはできますか。

Qドラッグストアで風邪薬を購入した薬代は医療費控除の対象となりますか。

Q高額サービス費の支給を受けている場合、介護保険料の支払いが受けられなくなるのですか。

Q国民年金保険料を前納した場合、社会保険料控除の計算はどのようになりますか。

Q確定申告後、未計上の固定資産がある場合、全額を経費として計上することはできますか。

Q赤字で申告する場合、修繕費は一括で費用計上すべきですか。資産計上すべきですか。

Q電力会社の電柱設置による土地使用料を不動産所得の収入内訳書に記載をする場合、記載方法はどのようになりますか。

Q相続税申告にかかる税理士報酬、登記費用、測量費は経費になりますか。

Q準確定申告で不動産の譲渡の申告をした所得に対して、住民税はかかりますか。

Q相続で賃貸経営を引き継いだ場合、税務署に必要な手続きなどはありますか。

Q相続を受けた場合、相続税の申告以外に税務署に提出が必要なものは他にありますか。

Q税務調査があった場合、どのような点が問題となるのですか。

Q確定申告の期限に遅れた場合、どのようなペナルティがありますか。

Q期限内に確定申告を提出しない場合、青色申告は取り消しされますか。

Q法定相続分で相続したと仮定して相続税を申告後、遺産分割で揉めて5年が経過した場合、更正の請求はできますか。

Q更正の請求の提出時期はいつ頃がよいですか。

Q粉飾決算が発覚した場合、税務署の対応はどのようになりますか。

Q非居住者が適用を受けられる所得控除にはどのようなものがありますか。

Q海外に転勤(非居住者)となった場合、青色申告はできますか。

Q年末までにできる、確定申告に向けた対策としては何がありますか。

Q白色申告者の場合、どの程度の記帳をしないとならないのですか。

Q青色申告にしていると、損失を3年間繰り越しすることができるようですが、繰り越しではなく、給与と相殺あるいは給与から源泉されている税金の還付などを選択することはできるのですか。

Qすでに賃貸している場合の青色申告承認申請書の届出期限はいつまでに提出すればよいですか。

Q青色申告承認申請書の届け出内容を変更する場合、再度、青色申告承認申請書を提出する必要があるのですか。

Q青色申告承認申請書の記載方法はどのようになりますか。

Q貸地の事業的規模の算定基準はどのようになりますか。

Q電力会社からの電柱等の設置も含めて事業的規模になるのですか。また、この2件(本注と支線)を含めて事業的規模とすることは認められますか。

Q開業費の計上の判断は新規不動産の購入毎に開業という判断をするのですか。

Q開業後数年が経過しました。数年前の費用を開業費として計上したいのですが、計上は可能ですか。

Q5年前に購入した机と椅子の領収書があるのですが、この領収書は開業費として経費計上ができますか。

Q不動産を所有する妻に対して専従者給与を支払うことはできますか。

Q専従者が他の事業を行っている場合、専従者給与は支給できますか。

Q年度の途中で青色事業専従者給与を支給する場合、支給期間が6か月に満たないため、支給ができないのですか。

Q青色事業専従者給与はいくら位まで支給することができますか。

Q青色事業専従者給与を支給する場合、金額はいくらにしたらよいですか。

Q青色事業専従者給与を支給する場合、どのような手続きを行えばよいですか。

Q青色事業専従者給与の支給額として年間600万円などを支給することは可能ですか。

Q家事関連費の自宅部分と事業部分との分け方はどのように行うのですか。

Q事務所用の区分マンションを賃貸しているのですが、管理組合に支払う管理費、修繕積立金は、課税事業者であれば税込み金額で処理してよいのですか。

Q元入金勘定と事業主勘定の違いは何ですか。

Q今期に発生している未払いの電気代や電話代は、全て未払費用として計上しないといけないのですか。

Qプライベート支出分を含むタクシー代はすべて交通費で計上できますか。

Qクラウド型会計ソフト支払いの勘定科目は何になりますか。

Q損害賠償金を入居者から受け取った場合、仕訳はどのようになりますか。

Q管理会社が管理料を差し引かなかった場合の仕訳はどのようになりますか。

Q一度資産計上した不動産購入時の諸費用は、再び経費として計上することができますか。

Q領収書がない場合、経費計上をすることはできないのですか。

Q節税をするために経費を多く使うことは正しいですか。

Q不動産所得の経費になるもの、ならないものはどのようなものがありますか。

Q親族ではない個人に業務を手伝ってもらった対価として支払った費用は経費計上ができますか。

Q成年後見人である弁護士に支払う弁護士報酬は経費になりますか。

Qアパートを建て替えるために入居者に立退料を支払いました。この立退料は、経費に計上できますか。

Q立ち退き費用、解体費用は経費になりますか。

Q解体費用、庭の伐採剪定費用は全額、経費計上できますか。

Qキャッシュレス還元のレシートはどの様に仕訳処理を行えばよいですか。

Q接待としてゴルフを行う場合、ゴルフ関連費用を経費とすることはできますか。

Q個人事業主ですが、接待交際費として計上できる金額はいくらまでですか。

Q贈答品として購入した商品券(交際費)は支払時に全額、経費計上できますか。

Q入居者に手渡すプレゼント代金や管理会社とのお茶代や手土産代などは白色申告者でも経費計上できますか。

Q海外不動産の税制改正は、改正前に不動産を購入した人も対象になりますか。

Q土地を貸すことになり測量図面が必要となりました。測量図面をなくしてしまった場合どうしたらよいですか。

Qオーナーが物件の修繕に対応しない場合、どのような問題点がありますか。

Q前オーナーより引き継いだインターネット設備は変更した方がよいでしょうか。やめたほうがよいですか。

Q年金保険料は何歳まで支払わないとならないのですか。

Q小規模企業共済の加入手続きはどこで行うことができますか。

Q賃貸入居者が火災保険に加入するため、長らく火災保険に加入しておりませんでしたが、火災保険は加入した方がよいですか。

Q滞納していた国民年金保険料を支払いました。これは支払った年の社会保険料控除として確定申告できますか。

Q賃貸マンションを自宅に転用する場合、帳簿上ではどのような処理がされますか。

Q長期入院のため確定申告の期限に間に合わない場合は、どうすればよいですか。

Q海外に転勤してしまう場合、確定申告どのようにすればよいですか。

Q海外不動産を所有しております。確定申告は日本の物件と海外の物件を合わせて申告すればよいですか。

Q確定申告をする際に領収書の添付などは必要なのですか。

Q支出した領収書がない場合、その支出は経費としては計上できないのですか。

Q2箇所から給与を受ける場合、確定申告は必要となりますか。

Q自宅を賃貸した場合の事業的規模の算定基準どのようになりますか。

Q年の途中で事業的規模になった場合、必要な手続きなどはありますか。

Q社宅の一部を会社の業務で使用する場合、社宅家賃はいくらに設定すればよいですか。

Q固定資産税の改定があった場合、社宅家賃も見直さないとならないのですか。

Q月の途中から社宅とした場合の社宅家賃は、日割りで計算するのですか。

Qアパートの家賃(共益費)と別に水道代を徴収している場合、消費税の課税対象となりますか。

Q実際の収入が契約内容と異なる場合、収入の計上方法はどのようになりますか。

Q火災保険を切り替えた際に受け取った返戻金は収入として計上されますか。

Q損害保険金を受け取りました。「その他の収入」に計上すればよろしいですか。

Qフリーレントの一般的な仕訳処理はどのようになりますか。

Q無償提供された宅配ボックスの撤去費用はオーナー負担となってしまうのですか。

Q白色申告で専従者給与を支払った場合、経費計上はできますか。

Q滞納家賃(未収金)が回収できない場合、家賃の債権放棄をして未収金を消すことはできますか。

Q打ち合わせ電話のためのカフェ利用は会議費になりますか。

Q火災保険を中途解約したのですが、未経過部分の保険料が戻って来た場合、前払費用の仕訳はどうなりますか。

Q家族信託をするために専門家に支払ったコンサル費用と登記費用は経費計上することはできますか。

Q祈祷料は経費になりますか。

Q家族旅行代は個人でも法人でも経費にならないのですか。

Q賃貸を止めて自宅に転用した場合、支払った固定資産税はどの部分までが経費計上できますか。

Q現在、新築のアパートを建設中です。まだ新築のアパートは完成していませんが、今年の固定資産税は経費計上できますか。

Q現在、新築のアパートを建設中です。まだ新築のアパートは完成していませんが、今年の固定資産税は経費計上できますか。

Q土地区画整理事業によって利用制限された土地を担保に融資を受けることはできますか。

Q銀行融資を受けやすくするためには、どのような決算書を作成するとよいのですか。

Q小規模企業共済を積み立てると、融資も受けられると聞きました。どのような条件で融資を受けられるのですか。

Q土地、建物合計よりもローンの金額が大きい場合、土地等負債利子の計算方法はどうなりますか。

Q融資の保証料は、消費税の課税額から控除できますか。

Q親子間で貸し借りをする場合、借用書を公正証書で作成した方がよいのですか。

Q繰り上げ返済のタイミングはどのように考えればよいですか。

Q税金が高くなり資金繰りが苦しくなってきました。借入金の残期間が10 年あるのですが、改善する方法はありますか。

Q自宅マンションを賃貸住宅に用途変更するためのリフォームは、今年と来年のどちらに実施した方がよいでしょうか。

Q未償却残高がある建物を解体した場合、解体費用は全額必要経費になりますか。

Q修繕積立基金を一括で支払いました。全額管理費として経費計上してもよいですか。

Q保険を活用した修繕積立金の積み立てについて、留意点はありますか。

Q赤字の場合、リフォーム代を一括償却資産として資産計上することはできますか。

Qキッチンの部材を自分で購入し、設置をリフォーム業者に依頼しました。部材を資産計上し、リフォーム業者に支払った費用は修繕費にできますか。

Q窓の格子の交換費用は、修繕費と資本的支出のどちらになりますか。

Qユニットバスの交換費用は修繕費になりますか。

Q貯水槽の撤去と水道管直結工事費用は修繕費になりますか。

Q自宅で開業をしました。事務所として使用している自宅の事業割合部分について、減価償却費等は開業費へ計上できますか。

Q年の途中までは賃貸していない期間がありました。未償却残高はどのように計算すればよいですか。

Q減価償却が残っている資産を取り壊した場合、未償却残高を経費にすることはできますか。

Q構造が異なる建物を所有しています。耐用年数は何年ですか。

Qアパートの駐車場と接道する歩道を自己負担で工事しました。耐用年数は何年になりますか。

Q木造の内部造作工事をしました。耐用年数は何年になりますか。

Q転貸による民泊をしている建物をリフォームした場合、耐用年数は何年ですか。

Q過去に計上を誤った減価償却費を修正したい場合、何年遡る必要がありますか。

Q中古マンションを購入し、誤って新築の耐用年数で減価償却をしてしまいました。修正申告が必要ですか。

Q中古アパートの耐用年数を延長することは可能ですか。

アバター
大家さんの知恵袋